東京グライダークラブについて

東京グライダークラブは三つの滑空場で活動しています。

真壁滑空場

Tukub GP (OLC名)

茨城県桜川市桜川河川敷にある滑空場です。

小山滑空場(小山絹滑空場)
Oyama GP (OLC名)
栃木県小山市鬼怒川河川敷にある滑空場です。

 

つくば滑空場
Tsukb2 GP (OLC名)
真壁滑空場の南南西3kmの場所です。

いづれも滑空場長は菊地光基氏です。 


東京グライダークラブの雰囲気

東京グライダークラブ(TGC)の雰囲気は、自由と個々の個性を認め、その上でトラブル時には助け合いの精神を発揮していて、都会的でありながら冷たさを感じることは無いクラブと言えます。


『自由』ということで誤解をされたくないのですが、TGCは『自己責任』という言葉が待つ無責任性を否定します。

我々は安全なフライトのために航空法が定める機長の義務と、先人が滑空飛行の安全を希求し続けてきた中で作り上げてきたスタンダードな飛行方式を尊重し守ります。

そのために、年長若年やフライト時間の多少にかかわらず、安全に問題のあるフライトや行動を認めた場合、当該人物に対して敬意を忘れずにそれを互いに指摘しあうことを心がけています。


入会と費用

入会については特に定めはありません。滑空場長の菊地氏に入会の判断を一任しています。

入会金      4万円 (以前に会員であった人は必要ありません。菊地さん曰く永久会員制度です。)
年会費      2万4千円
トレーラー駐車料月  5千円

トレーラー駐車料年  5万円

曳航料金1000フィート 2千円


自力発航型機は一日当たり1千円の施設整備協力金の支払いが必要です。

【ビジター】
ビジター費は一日1千円です。
入会金からビジター費の支払い済み金額を割引いたします。
例えば、ビジターフライトを10回(10日)行いビジター費として合計1万円を支払った人が入会した場合、入会金は3万円になります。
ビジター回数の確認はログブックで行います。

(既存会員と不公平にならないように20回(20日)程度の回数制限を検討していますが、ルール化するほどのことでもないので、節度を持ったビジター制度の利用をお願いします)

 
【外来機について】
訪問やクロスカントリーフライトの指定地着陸場としてのご利用を歓迎します。
その場合の着陸料は無料です。
タッチアンドゴーの練習は事前に滑空場長にご連絡ください。頻度によっては料金が発生します。

【年会費等の振込先】
足利銀行 結城支店 トウキヨウグライダ-クラブ 普通 2829840

【活動日】
年中無休ですが、前日までに菊地氏に連絡してください。


【場長連絡先】
菊地光基 
090ー3244ー9709
kbpdp222@yahoo.co.jp 




ブログについては管理者である個人の趣味、主観で記事が書かれています。
お断りが無い限り、東京グライダークラブとしての公式の見解ではありませんので、ご承知ください。

当サイトに掲載されているすべての写真について著作権は放棄していません。

Tokyo Gliding Club